『最新情報』

 2017年度

 第57回 日本クラフト展


 会場 : 東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9‐7‐1)
 会期 : 平成30年1月6日(土)〜 1月14日(日)
 時間 : 11:00 〜 19:00(最終日〜17:00)
 主催:公益社団法人 日本クラフトデザイン協会
 
後援:経済産業省・文化庁・公益財団法人日本デザイン振興会
    毎日新聞社・
    工芸都市高岡クラフトコンペ実行委員会

審査結果を発表しました
 [ 詳しくはこちら]

  第57回日本クラフト展は、競輪の補助を受けて実施します。
http://hojo.keirin-autorace.or.jp/



「第57回日本クラフト展」会期中イベントのご紹介


会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
   (ミッドタウン・タワー5F)

■受賞者インタビュー
1月6日(土) 14:00〜15:30

−クラフトNEXT−第57回日本クラフト展の経済産業大臣賞・日本クラフト大賞はじめ、各賞の受賞者に審査員がインタビューします。
また、賞候補となった作品も紹介します。

■チャリティーマーケット
1月7日(日)14:30〜18:30
1月8日(月・祝)11:30〜18:30
1月9日(火)11:30〜16:00

JCDA会員の作品が3日間だけ30%offで並びます。その売上の一部を「毎日希望奨学金」に寄付します。

●チャリティー マーケット期間中、「緑茶カフェ」で美味しい静岡茶のサービスがあります。
(協力:静岡県茶商工業協同組合)

■クラフト展チラシはこちら(PDF)

   

テクニカルワークショップ
「プロに教わる作品撮りのコツ」参加者募集中!


1月10日(水)
1回目:10:30〜12:30 
  素材は、ジュエリー、漆、ガラス、陶磁器
2回目:14:00〜16:00 
  素材は、テキスタイル、木、竹、籐

一眼レフやデジカメ、スマホを使った自然光での撮影ポイントとは?
カメラマン大隅孝之氏がその場で被写体を撮影します。講義は作品の素材別です。
個別の質問も受け付けます。

講師:大隅孝之(フリーランス写真家)
定員:各回15名
参加費:各回3,000 円(当日)

●チラシはこちらから

●お申込みはこちらから

  プロに教わる昨品撮りのコツ

親子ふれあいワークショップ
「けずって みがいて マイおはし」


日時:2017年1月13日(月)
   午前の部 10:30~12:30/午後の部 14:00~16:00

木のオリジナルな色目を生かし、ヤスリで模様をつけてクルミで磨きあげる、 ナチュラルな木のお箸を作ります。また「おはしってなぁに?」などお箸にまつわるお話も聞きましょう。

講師:JCDA会員
お話:丸山みき
(薬膳ハーバリスト®・潟oジル代表取締役・HAPPY YELLOW CAFE店長)

定員:各回 親子15組30名
参加費:1組1,000円(2人分の材料費を含む・当日)

●チラシはこちらから

●お申込みはこちらから

  親子ふれあいワークショップ「けずって みがいて マイおはし」
  親子ふれあいワークショップは、競輪の補助を受けて実施します。
http://hojo.keirin-autorace.or.jp/

2017
清州国際工芸ビエンナーレ グローバルパビリオン出展
(韓国)

2017 年9月13 日〜10 月22日 
会場:The Old Cheongju Tobacco Processing Plant http://www.okcj.org/

2017 清州国際工芸ビエンナーレに日本クラフトデザイン協会はグローバルパビリオンに出展しました。
韓国、イタリア、スイス、フィンランド、シンガポール、モンゴル、ドイツ、イギリス、日本の9 か国が出展し、日本の代表として当協会が担当しています。
日本ブースは67 名289点の作品を展示、2013 年、2015 年に続いて3 度目の出展となりました。


 



 

 2016年度

金屋町楽市 in さまのこ 「和ノ心」


2017年9月23・24日の2日間、富山県高岡市金屋町石畳通りで開催されました。
JCDAは黒谷家を会場に会員20名の作品を展示しました。
高岡市中心市街地では、「工芸都市高岡2017クラフト展」「高岡クラフト市場街」「銅器団地オープンファクトリー」が同時期に開催。高岡が、ものづくりをとことん楽しめる舞台となりました。


 



 
戻る

このページのTOPへ

Copylight (C) 2005 JAPAN CRAFT DESIGN ASSOCIATION