『PL保険制度のご案内』
アクシデントによる被害者救済と協会会員保護のためPL法(製造物責任法)は消費者の視点にたった法律で、すでに平成7年7月より施行されています。その目的は製造物の欠陥により人の生命、身体または財産に係る被害が生じた場合における製造業者などの賠償責任について定めることにより、被害者の保護を図ると共に、国民生活の安定と国民経済の健全な発展に寄与することとしています。

PL法施行により、今まではメーカーの過失を立証しなければ損害賠償請求が出来なかったものが、欠陥である事実だけを示せば製造業者などに損害賠償請求が出来るようになりました。 万全の体制でデザイン、製造、販売した作品、充分な配慮のもとで行った展示作業などからなるものでも、万が一の時の被害者の救済とJCDA会員の保護のために、当協会として、東京海上火災保険株式会社と「PL保険制度」を確立いたしました。是非この制度へのご加入をお勧めいたします。

FAX、郵送、emailにてJCDA事務局宛にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ



 
保険金の支払い対象になる場合
加入者の皆様がデザイン・製作・販売した作品が原因で他人の生命や身体を害するような 対人事故や、他人の物を壊したりするような対物事故が発生し、加入期間中に被害者からの損害賠償請求がなされた事故について、加入者の皆様が法律上それらの損害を賠償しなければならない場合を対象とします。

保険金の支払い対象にならない場合
故意によって生じた事故
戦争・変乱・暴動や、地震・洪水・津波などの天  災等に起因する事故
デザイン・製造・販売した作品自体の損害
日本国外について発生した事故
故意または重大な過失により法令に違反して製造・ 販売された製品により事故
加入日以前に生じたPL事故

 

このページのTOPへ

Copylight (C) 2005 JAPAN CRAFT DESIGN ASSOCIATION